高知のこだわりクリーニング店 洗いに自信があります。今まで落ちなかったシミ・汚れもご相談下さい。

創業50周年! クリーニングのプロの店 きむらランドリー フリーコール 0120-03-4374(王様シミ無し)

 HOME プロにおまかせ上手な利用方法メニュー/料金表ご依頼方法店舗情報お問合せリンク

汗抜き 全体漂白・黄ばみ取りは・復元 シミ抜き 防虫加工 汗抜き 毛皮・レザー ふとん・布団
その他ご依頼品から探す

 一般衣類 | ドレス | ぬいぐるみ | 寝具 | カーペット | インテリア

その他メニューから探す

 トリートメント加工 | ガード加工 | 折目加工 | 消臭加工 | お直し | かけつぎ | シーズン保管

Entry : main   << >>
革バッグのシミ
今回は、革のバッグのシミです。

バッグのシミ1

革は、染色の種類によって、取扱いが変わってきます。

この革の染色は、セミアニリンといって、柔らかい革の風合いを損なわない染めになっています。


まず、革と染色の種類と状態、シミの状態を確認します。

今回のケースでは、全体をお手入れ処理し、写真の部分のシミを、シミ抜きでどこまで取れるのかを試してみます。

革内部にシミが浸透していくデリケートな革にシミが染み込むと、シミ抜きでは完全には取れないことが多いです。

 

かなりシミ抜きを試みましたが、内部に染み込んだシミがうすく残っています。



ここからは、部分的に色修正(リカラー)をしていきます。



殆ど判らなくなりましたね。

はい、出来上がり!


難易度の高いものは、着用可能にレベルを挙げるために、実は大変細かな作業をしています。

たとえ1箇所のシミであっても、どのレベルに仕上げるかで、時間の掛け具合は変わるのです。

皆様は、上の写真2枚で、どちらのレベルで、満足されますか。










 
| シミナシ | 12:28 | - | - | pookmark |
Categories

プロにおまかせ

   当店のこだわり
   洗いに自信あり
   シミ抜きに自信あり
   シミ抜き 事例集

上手な利用方法

   プロからアドバイス
   良いお店の選び方
   依頼時のポイント
 

 事故・トラブルにあったら

   事故賠償基準

メニュー/料金表

   一般衣類
   特殊加工・シミぬき
   ドレス
   着物
   毛皮・レザー品
   ふとん
   カーペット

ご依頼方法

   ご来店の場合
   集配(高知市内)
   宅配便で送る
   ご確認事項

店舗情報

   店舗紹介
   店舗情報
   地図

よくあるご質問Q&A
   注文に関して
   お役立ち情報
   クリーニング技術は?
   
お客様の声(ブログ)
   
リンク