高知のこだわりクリーニング店 洗いに自信があります。今まで落ちなかったシミ・汚れもご相談下さい。

創業50周年! クリーニングのプロの店 きむらランドリー フリーコール 0120-03-4374(王様シミ無し)

 HOME プロにおまかせ上手な利用方法メニュー/料金表ご依頼方法店舗情報お問合せリンク

汗抜き 全体漂白・黄ばみ取りは・復元 シミ抜き 防虫加工 汗抜き 毛皮・レザー ふとん・布団
その他ご依頼品から探す

 一般衣類 | ドレス | ぬいぐるみ | 寝具 | カーペット | インテリア

その他メニューから探す

 トリートメント加工 | ガード加工 | 折目加工 | 消臭加工 | お直し | かけつぎ | シーズン保管

Entry : main   << >>
洋服の色修正
 2011年、新年度となりました。

今年度もよろしくお願い申し上げます。


 当社には、古いシミ抜きご依頼、他店で取れなかったシミなどさまざまなご依頼がございます。

その中に、色修正(色掛け)のご依頼もございます。


 今回はその風景を少しお見せ致します。

 
クリックで挿入

お預かり時に、染色が丸く茶褐色に変色していました。
 色を掛けるのには、染料と顔料があります。
それぞれに特徴がありますが、生地の染めと同じ種類で染色するのが基本です。

 一般には、天然繊維系(綿・麻、シルク・毛など)は染料が浸透するので染料を使います。
ただ、洗濯条件など強く洗う品物では、染料は色落ちする可能性があります。 
化学繊維で浸透性のない繊維には、顔料を使います。
顔料はバインダー(接着剤)を使って、生地の表面にくっつける感じになります。
顔料はやや光沢や弾力性が出ます。
(実は、染料にも顔料にもいろいろ種類がありますが、ここでは触れません。)

 生地の組成とこれらの条件など勘案して、より適切なものを選びます。


 今回は染料で色合わせをします。

 色見本より染料を二色取り、混ぜ合わせます。
別布に塗って色が合っているかを確認、さらに調整します。

色合わせ

 今回は範囲が小さいので、小筆を使っています。  
端から少しずつ塗って乾かしていきます。
上の写真では、撮影のため右手だけで作業していますが、
通常は、左手で補助しながら右手で素早く塗っていきます。

色修正・after

最後に微調整して、色修正、完了です。
| シミナシ | 15:47 | comments(0) | - | pookmark |
Comment







Categories

プロにおまかせ

   当店のこだわり
   洗いに自信あり
   シミ抜きに自信あり
   シミ抜き 事例集

上手な利用方法

   プロからアドバイス
   良いお店の選び方
   依頼時のポイント
 

 事故・トラブルにあったら

   事故賠償基準

メニュー/料金表

   一般衣類
   特殊加工・シミぬき
   ドレス
   着物
   毛皮・レザー品
   ふとん
   カーペット

ご依頼方法

   ご来店の場合
   集配(高知市内)
   宅配便で送る
   ご確認事項

店舗情報

   店舗紹介
   店舗情報
   地図

よくあるご質問Q&A
   注文に関して
   お役立ち情報
   クリーニング技術は?
   
お客様の声(ブログ)
   
リンク